デトランスα 使い方

デトランスαの正しい使い方についてご紹介します。デトランスαでべたつく、汗が出てくるのは正しい使い方でできていないかもしれません。
MENU

デトランスαの正しい使い方について

脇汗に悩むのであれば、そもそもかかないようにすれば良いのです。

 

一年中汗には悩まされますが、特に夏にはその悩みは大きいものとなります。

 

そして、汗の中でも脇汗は、洋服にしみて恥ずかしかったり、においがして恥ずかしかったりします。

 

そこでそもそも、できる限り汗をかかないように工夫すれば良いのではないかと私は思いました。

 

そのためには、時間に余裕を持った行動が大切になってきます。
例えば、約束の時間があって家を出る時には、少し時間に余裕をもって出るのです。

 

そうするとゆっくり歩くことができます。
はやく歩いたり走ったりすると汗をかいてしまうため、ゆっくり歩くと汗をかきにくいのです。

 

夏であれば、遠回りしてでも日陰の多い道を通れば、これも汗をかかない方法となります。
また、時間に余裕がないと、焦ったり緊張したりして、それも汗をかく原因になってしまうのです。

 

時間に余裕を持つこと以外にも、服装の工夫も効果的です。
薄くて風邪を通しやすくて、ダボッとした洋服がおすすめです。

 

そのような洋服であれば、少し腕を振っただけで、脇に風が通り、汗がひくのです。
因みにこのような洋服は、汗ジミ予防にもなります。
気を付けるべき点は、脇に直接洋服をつけないことなのです。

 

直接脇につかない洋服を選ぶことで、風通しがよくなり、汗をかきにくいですし、かいてもすぐにひくことができるのです。

 

デトランスαは正しく使わないとダメということがわかりましたね。

 

脇汗のしみとにおいを防ぐには・・・。

 

脇汗で気になることと言えば、洋服にしみることと、そのにおいだと思います。

 

洋服へしみないようにするために私は、しみても色が変わらない素材の洋服を夏には着るようにしています。

 

また、それ以外の洋服を着なければならない時には、汗脇パッドを貼って、洋服に汗がしみないようにしています。
においを消すためには、家を出る前に必ずスティックタイプの制汗剤を脇にぬっています。

 

また、職場に着いた時にはすぐに洋服を脱ぎ、汗を汗拭きシートで拭いた後、スプレータイプの制汗剤をつけるようにしています。
その後も、仕事中に汗をかいた時には時間を見つけて制汗剤をするようにしています。

 

制汗剤や汗拭きシートなどを色々と使用していますが、それらは全て無香料のモノを使っています。
そしてその代わりに、自然な良い香りを放つように気を付けています。

 

自然な良い香りとは、髪の毛のシャンプーの匂いと、洋服の洗剤の匂いです。
制汗剤や香水などでわざわざ香りをつけると、逆につけすぎてくさいと思われがちです。

 

しかし、シャンプーや洗剤だと、自然とうっすらと香りがつくため、とてもおすすめです。
実際に色々な人から、「いいにおいがする!」と何度も言われたことがあります。

 

これからも続けていきたい方法です。

 

デトランスαで脇汗を防いで、脇染みを作らないようにしましょう。

 

デトランスαについて

このページの先頭へ