脇汗抑制に有効だった方法

私はとても緊張しやすいタイプで、大学に入ってからは特に緊張からくる脇汗が多くなりました。
MENU

脇汗抑制に有効だった方法

脇汗対策

 

私はとても緊張しやすいタイプで、大学に入ってからは特に緊張からくる脇汗が多くなりました。夏はもちろん、どんなに寒い冬でも少し自転車をこいだり走ったりしただけで、立ち止まると汗がふきだします。電車などでそのことに異常に反応してしまい、余計に発汗してしまうという悪循環に悩まされていました。市販の制汗剤は、スプレーやロールオン式のものなどいろいろ試しました。臭いは抑えることができても、汗の量自体はなにも変化しませんでした。脇汗パットも検討しましたが試したことはありません。下着に半袖を着用し、脇汗が目立たない色のものやドルマン型の洋服を着ることで対策していました。
そんなとき知り合いに、”オドレミン”という制汗剤の存在を教えてもらいました。名前が怪しいのですがとりあえずネットで注文しました。小さな瓶で1000円程度です。個人的にネットなどの口コミは疑ってかかるのですが、使ってみたところ即効果を感じられました。
この記事自体が胡散臭いとはわかっていますが、真実なので書きます。
お風呂上がりの綺麗な状態の脇に、1・2滴のオドレミンを脇にしみこませるように塗り込みます。それだけで翌日はほとんど全く脇汗をかかないです。体に悪いのでは、と思うほどピタリと止まるので、脇汗をかきたくない日の前日に使用するようにしています。
私と同じようにお悩みの方にぜひ試していただきたい方法です。

 

脇汗を防ぐうえで注意が必要な食べ物

 

脇汗が緊張や体温の調整で発汗する事をみなさんご存じですか??

 

肉料理を摂取する事で体温があがります。
発汗を促していくと汗に皮脂が多く含まれることになります。
動物性脂肪、すなわち肉類を多く摂取することで
脇の汗やわきがの原因に繋がってしまう訳です。

 

と言う事は刺激物も要注意ですね。
刺激物を摂取すると身体が温まりますから汗をかきます、カプサイシンの影響で発汗量を促してしまうからです。

 

そしてコーヒ―も控えた方がよさそうですね。
コーヒーにはカフェインが含まれていますから
カプサイシンほどではないですが、発汗を促進させるそうです。

 

 

そして脇対策によい食べ物があるのです。
身近な食品なので皆さんも是非試してみてはどうでしょうか??

 

脇対策によい食品の具体的な食品は
豆類などで、豆腐や、納豆、豆乳などの和食が代表食材になります。
豆類にはイソフラボンという成分が含まれておりますので、
この成分が汗をかく症状や、わきがの脇臭い臭いを抑えてるくれる作用があると言われています。

 

イソフラボンと言えば女性ホルモンにも働きかけてくれるので脇対策にも
私のように年齢的に身体の不調が多くなる年代にもよい食品だと思います。

 

 

最後に汗をかくからと水分は控えすぎないようにしてくださいね。
発汗を促しそうで水分摂取を控えた方がいいのでは??と思いがちですが
何事も控えすぎはよくないと思います。

 

それぞれ適量を食べて脇対策に役立てられたらいいのではないでしょうか??

 

参考記事

このページの先頭へ