デトランスα 効果

脇汗対策ならデトランスαを選べば脇汗で悩むことはまずなくなるし、臭いも抑えてくれる。そんなデトランスαの効果についてまとめました。
MENU

ピタッと止まる!デトランスαの効果について

デトランスα効果

 

脇汗対策で1番効果が高いと言えるデトランスαですが、その気になる効果についてまとめましたので参考にして下さい。

 

脇汗で悩むことはいろいろありますが、そもそも汗をかかなければ良いのです。

 

夏と言えば汗をかきます。
汗の中でも脇汗が一番困ります。
洋服にしみてぬれているのが外からみて分かると恥ずかしかったり、洋服にしみがついてしまったり、くさいにおいが広がったりしてしまいます。
それらの悩みを解決するために、脇汗対策として、そもそも汗をかかないように努力すれば良いのです。
汗をかかない方法は時間に余裕をもつことです。
これにより、運動をしなくてすむとともに、緊張も減らすことができます。
特に夏には、時間に余裕を持つようにしましょう。
時間がなくて早歩きをしたり走ったりすると汗をかく原因になります。
また、早めに行動することで、屋外の場合、遠回りしても日陰の道を選ぶことができるため、汗をかきにくくなります。
このように、時間に余裕をもつと運動をせずにすむのです。
また、何か忘れ物をしただとか、何か発表しなければならない時だとかには緊張したり焦ったりします。
しかし時間に余裕があることで、落ち着いて考えることができたり、緊張をほぐすちょっとした自分なりの方法などを行ったりできるのです。
また、それでも汗をかいてしまった場合でもすぐに乾くように、夏場は特に、緩めの洋服を着て、脇の風通しをよくしましょう。
風通しがよければ、汗をかいても乾きやすいですよ。デトランスαで脇汗対策しましょう。

 

脇汗で洋服に黄色いシミができてしまいます。

 

脇汗で洋服には二種類のシミがつきます。
一つは、ぬれている透明なしみで、乾けば消えるものです。
もう一つが、黄色いシミで、洗わなければとれないシミです。
ひどいものだと、洗ってもとれないほどになってしまいます。
私は、昔、白くてお気に入りの洋服を汗ジミでダメにしてしまった経験があります。
それからは注意して汗ジミをつくらないようにしています。
まず、着る洋服選びです。
夏場は、白などの色の薄い洋服は着ません。
黒い洋服などであれば、仮にシミができてしまっても、見えないので、色の濃いものを着ます。
また、どのような色の洋服を着る時であっても、汗脇パッドをつけるようにしています。
汗脇パッドをつければ、汗が直接洋服につく心配はほぼなくなり、そのため、汗ジミの心配もほぼなくなります。
しかしそれでも、とても暑い日で汗をすごくかいてしまった日には、汗脇パッドをはみ出して洋服に汗がついてしまうことがあります。
そういった時に後悔しないように、洋服選びのポイントは常に抑える必要があります。
また、少しでも汗が気になった時には、できる限り早く洗濯するようにします。
洗濯するまではハンガーで風通しの良いところにしっかり干して起きます。
大切な洋服をダメにしないように、これらの方法でこれからも対策していきたいです。

 

デトランスαについて
このページの先頭へ