市販の制汗スプレーからの脱却

市販の制汗スプレーからの脱却して脇汗を改善しませんか?
MENU

市販の制汗スプレーからの脱却

脇汗対策

私は脇汗が特に多いです。臭いは強くありませんが、脇汗の量が多いことで、汗地味が気になり春先くらいから衣類が1枚になると脇汗が目立ってしまうのでグレーの服や中間色は遠慮するようになってしまいました。脇汗が目立ちにくい白とか黒い服ばかりを選んで着ることになるので、オシャレの幅が狭くなり、洋服を選びに行っても”かわいい”と思う服やカラーがあっても”脇汗が目立つからやめとこう”と棚に戻す日々に嫌気がさしていました。

 

そこで、ドラッグストアの汗対策グッズコーナーに行っては、より効果がありそうなものをパッケージや見た目のインパクト、ポップの”売れてます”などを参考に購入しては試してきましたが、どれもダメ。対して脇汗を抑えることができませんでした。
そこで、ネットで本格的に脇汗に悩んでいる人の口コミやおススメ商品などを見てみることに。海外製のものでとても効果がありそうなものがありましたが有効成分の濃度が濃い分、痛みや痒みなど副作用が出現する人もチラホラいて、躊躇していました。
そこで、見つけたのがクリニークのアンティパースという商品。ロールオンタイプの制汗剤です。これ、かなり良いです!!
お風呂上がりなど清潔な状態の時にロールオンで脇に薄く塗っておくだけ。完全に乾かす必要があり、乾くまでに5〜10分くらいかかってしまうのがマイナスポイントですが、それも気にならないくらい制汗効果が高いです。
いつもなら、脇の下がしっとり汗をかいているであろう気温やシチュエーションでも汗が出ていなくてサラッとしていますし、脇の臭いもありません。
脇汗、臭いに悩んでいる人はぜひ一度デトランスαを使ってみてくださいね。詳しくはこちらを参考。

 

 

私が実践した脇汗対策

 

6年くらい前のある夏の日、私が外出から帰ると、妹に「お姉ちゃん、何か脇がくさいよ」と言われました。自分のにおいは自分で気づかないもので、私は指摘されて初めて自分のにおいに気づき、内心ショックでした。その夜からさっそく脇汗対策を始めました。まずは、お風呂で脇をよく洗いました。体を洗うタオルは、それまでナイロン素材のものを使っていましたが、汗をよく吸収する綿素材のものに変えました。次に、衣類を見直しました。

 

肌に直接触れる下着を、コットン素材のものに変えました。ブラジャーもスポーツブラをつけるようにしました。コットン素材は通気性が良く、汗をよく吸いとってくれるので、気持ちが良かったです。外出前には、制汗スプレーを使って、脇汗を抑えるようにしました。制汗剤は、刺激が少なくて、無臭の消臭効果の高いものを使うようにしました。香りのあるものだと、脇汗のにおいと制汗剤の香りが混ざって、かえって臭くなってしまうと思ったからです。

 

また、コンビニでデオドラントシートを買い、こまめに脇汗を拭くようにしました。食べ物にも気をつけました。脂っぽいもの、甘いものを食べ過ぎないようにしました。脇のにおいは、自分ではわからないので、時々、家族ににおいをチェックしてもらっていました。こうした脇汗対策を続けて、3か月経った頃、ようやく脇汗のにおいがなくなりました。私は内心ほっとしたのを今でも覚えています。

 

TOP⇒デトランスα口コミ

 

このページの先頭へ